olibio(オリビオ)オールインワンにたくさんある美肌菌とは?

オリビオオールインワン化粧水には美肌菌が含まれていますが、そもそも美肌菌ってなんなのでしょうか?

 

そこで美肌菌がどんなものなのか?について今回は紹介していきたいと思います。

 

olibio(オリビオ)オールインワンにたくさんある美肌菌とは?

 

まず「美肌菌」とは、天然の力でお肌の水分量を保ち、肌荒れを防いで潤いに満ちたお肌を保つ菌です。

 

この美肌菌が多ければ多いほど自然とすべすべのお肌を手に入れられるということです。

 

人間の肌には3種類の菌が存在しています。

 

・善玉菌
・日和見菌
・悪玉菌
この3つの菌はそれぞれどんな役割があるのか?

善玉菌

人間の腸に存在する細菌のうち、消化・吸収を促進し、免疫力を高めるといった有益な働きをするもの。

善玉菌が多いお肌ではお肌を弱酸性に保つ脂肪酸という成分を分泌し善玉菌にとって住みやすい肌環境を作ります。

 

つまり善玉菌が多いと免疫力が高くなり脂肪酸が多く分泌されるので良い肌環境になります。

 

悪玉菌

悪玉菌は主にたんぱく質の分解をしている際に有害物質を発生させてしまうのです。

 

ですが悪玉菌は別に悪い働きをあえてしているのでなく、自然とそういった食べ物を分解するとそういったものが発生してしまうといったほうが正しいでしょうか。

 

悪玉菌が多いお肌ではもちろんこの後に紹介する日和見菌というのも活発的になりその結果乾燥肌荒れを引き起こす原因にもなります。

 

悪玉菌が増えるとよくある反応としておならが臭くなるといったことでしょう。

 

少しのおならでもとてつもない臭いを発しますので、あれ最近おならが異常に臭いなとおもったら悪玉菌が増えている証拠かもしれません。

 

日和見菌

日和見菌はあまり聞いたことがない人が多いと思いますが、腸内環境を整えるうえで非常に重要な役割を果たします。

 

そもそも「日和見菌」って読み方も分からないかもしれませんが、「ひよりみきん」と読みます。

 

日和見菌は大腸の腸内フローラを形成しています。

 

腸内で悪玉菌善玉菌の2種類の内の「多い方」に加わってそちらの働きを促します。

 

つまり「日和見菌は味方にも時に敵にもなりえる」ということです。

 

そんなどちらにも働きをかけてしまうおそれのある日和見菌ですが、この日和見菌を味方にするには、善玉菌を優勢に保つ必要があるのです。

 

善玉菌を増やすために必要なのが美肌菌なんです。

 

美肌菌が多い肌は弱酸性なのに対して悪玉菌が多い肌は弱酸性に弱く生育しずらいので働きも弱まり必然的に良い肌環境になるのです。

 

つまりは乾燥や肌あれなどの肌トラブルを解消するには美肌菌が必要といっても過言ではありません。

 

ただし残念なことにこの美肌菌も年齢とともに減少していってしまうんです。

 

そんな美肌菌は加齢によって減少してしまいます。

 

そこでみなさんに注目してほしいのが「olibio(オリビオ)オールインワン化粧水」なんです。

 

オリビアのオールインワン化粧水には美肌菌がたっぷりと含まれているんです。

 

肌を整えるのが天然オリーヴの恵みと美肌菌の力なんです。

 

さらにオリビアオールインワンはその名の通りオールインワンですので化粧水乳液美容液クリームとこれ1本でスキンケアができるという優れものになっています。

 

◆こんな方におススメです◆
・主に30~50代女性
・天然、植物系成分を好む自然派の方
・香料、着色料、パラベン、アルコール等に不安のある敏感肌の方
・乾燥肌だけど(とくに夏場を中心に)シンプルにケアを済ませたい方
・知る人ぞ知る、自分だけのお気に入りを見つけたい方
美肌菌は多いとそれだけ悪玉菌にとっては住みづらい環境となりますので、そうなると日和見菌も善玉菌に加勢して善玉菌が増えることにもなりますのでぜひ乾燥やそのほかの肌トラブルで悩んでいる方にはおすすめできます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました